地方の雑誌メディアの終焉が近い件について まとめBlog 

タウン誌とフリーペーパーの世代交代・全国のタウン情報誌の未来を考える


雑誌編集者のリストラ話

更新されないようですので、閑話休題。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0901/22/news003.html
(山崎元の時事日想 ある雑誌編集者に見る、“優しいリストラ”の手口/Business Media 誠)
…地方媒体どころでもなくなってきたようです。

地方の雑誌メディアの終焉が近い件についてまとめ

タウン情報誌花形時代とその終わりについて書いた興味深いコラムにリンクします


一時期は全国に万単位の雑誌があったといわれる、タウン誌時代の終焉について秀逸な考察記事が「はてな匿名ダイアリー」に投稿されている。誰が執筆したのかは「はてな」側しか知らないが、かなり確度の高い情報である。広く知っていただきたいので、ここにまとめてリンクを張ることにした。記事を転載しないのは、はてなのサイトの特性上消える可能性が少ないからである。タウン誌、フリーペーパー、オリコミ広告、地方新聞、地域の広告関係の方々はもちろん、出版関係の方々もじわじわと後からくる話なのでじっくりと読んでいただきたい。

■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記1
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記2
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記3
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記4
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記5
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記6
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記7
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記8
■地方の雑誌メディアの終焉が近い件について 追記9


現在9までフォローしていますが、まだ未完結なので随時追加されます。更新はする予定ですが、いつも見張っているわけじゃあないので、ここが更新されていないこともあります。

その場合は、オリジナルの最初の記事を開き、下についているトラックバック等で参照するといいと思います。



作者と読者の方へ:勝手ながら少しでも読みやすく、かつ広がればと思いまとめサイトとさせていただきました。SEO関係のパーツをつけているのは広める目的です。広告はこちらの手間の関係上と穴埋めです。特にこういうテーマですから利益が出るとは考えておりません。また、ログの転載ではなくリンクですので、はてな側、作者との規約上、著作権上の問題も派生しないと思います。問題がありましたらコメント欄等でお知らせください。なおまとめサイト管理者自身もタウン情報誌には数誌関わっていたことがあります。(tx)

COUNTER

SEO

  • seo
似た言葉:地方出版 地方の雑誌 タウン誌 タウン情報誌 地域出版 アナログ出版 構造不況 出版不況
広告によって運営されていたタウン誌が休刊されていくのは、広告が減っているのが問題なので、基本的に携帯とPCのクーポン系など、店舗側も実利が出やすいスタイルに転化していくのが正しい姿かと思われます(ぐるなびは、現在増収)。ただし、その方向でいくのであれば基本的なアクセス(導入)を作らなければなりません。今の時点から上流アクセスを考えて数年後に向けて展開していくことが大事かと思われます。